先輩から学生の皆さんへ

施工管理を務める仲間同士。アットホームな社風は良好な職場環境の表れ。野口建設の魅力、施工管理のやりがいや今後の目標について野口建設の工事部で「ものづくり」に取り組む若手3人に話をうかがいました。

工事部 所長(2011年入社)

松島 逸人

    野口建設を志望した理由は?

    松島

    大学のキャリアセンターで野口建設を勧められたのが直接のきっかけです。いろんな物件が経験できる会社と聞いて興味がわきました。

    加納

    僕は、小学生の頃から図工が好きだったので、建築のなかでも「ものづくり」に直接関われる施工管理の仕事を目指しました。野口建設を選んだのは京都で働きたかったから。京都市内に現場が多いですからね。

    大脇

    私も松島主任と同じで、マンション、工場、木造住宅…、多種多様な建物をつくっているというのが志望理由。実際いろいろやらせてもらえてます。

工事部 主任(2013年入社)

加納 隆平

    初仕事の感想、そして仕事のやりがいは?

    松島

    感想もなにも入社以来がむしゃらに働いてきたというのが正直なところです。これまで手掛けたのは、老人ホーム、単身者向けマンション、個人住宅、医療施設付き住宅、そして商業施設……。長期間同じ現場に関わるので愛着も湧いてくるし、完成してお施主様に喜んでいただけた時はうれしいですよ。

    加納

    ぼくが初仕事でうれしかったのは、自分の描いた仮設図面で実際に仮設が建ったときです。仮設図なんて大学でも習っていないので苦労したけど、現場では「あ、こうだったんだ!」という納得感と強い達成感がありました。いまは工程表を書いたり、業者さんの段取りを組んだりと、目の前の仕事を遣り切っていくだけで精一杯。それが充実していて楽しいんですけど。

    大脇

    私も足場図面を自分で描いたのが初仕事の思い出です。現場ではその通りにできない事もあって、職人さんと話しながら少しずつ修正していきます。最終的にピッタリ収まったときは感動ものでした。

工事部 主任(2014年入社)

大脇 拓也

    野口建設に入社して良かったと思うことは?

    松島

    大手の建設会社に就職した友達は、まだ基礎しかやっていないと話していました。でも当社では全部の工程を経験できるので、とても勉強になります。たとえば医療設備を収めるにはどういう寸法取りが必要で、どういうふうに据えるかとか現場ごとに知識が増えていきます。

    加納

    ほんとそうですね。当社では内装担当とか設備担当とか細かく担当が分かれていないので、建築のすべての流れが経験できます。それだけに学べる範囲が広くて、やりがいも大きいです。

    大脇

    松島主任の前で言いにくいんですけど(笑)、野口建設は優しい先輩・上司が多い!1年目でわからないことだらけの私に、「そんなこともわからへんのか」とあきれながらも、上司や先輩はもちろん、職人さんも優しく教えてくださいます。