満足を越えた感動を

野口建設㈱ 代表取締役社長

野口 政男

  • 目的はお客様に喜んでいただくこと

  •  野口建設は建物をつくる会社です。けれども建物をつくることを目的にしているわけではありません。目的はお客様に喜んでいただくこと。そのためにお客様の思いや優れた品質を建築につくり込んでいくのが私たちの仕事です。
  •  当社の場合、民間工事が100%。「特命工事」といって、お客様から野口建設をご指名いただいて、「設計・施工」を請け負っています。責任は重いけれど、お客様の思いをダイレクトに感じ取って、ものづくりに取り組めるのが社員のやりがいとなっています。
  • いつもお客様のそばに必要な会社であり続けたい

  •  当社は明治43年(1910年)に創業し、平成27年(2015年)には105周年を迎えます。建設業のなかでは老舗ですが、京都にはそれこそ創業何百年という老舗が多数おられます。そうした老舗のお客様にも長年にわたって信頼され、お取り引きいただいてこられたのは、「お客様のために」という信念を曲げず、建築一筋で愚直に真面目に歩んできたからです。
  •  建物は建てたら終わりではなく、建ててからお客様との本当のお付き合いが始まります。いつもお客様のそばにある、必要な会社であり続けたいという思いからお客様のマンション管理などのサービス業務も多彩に展開しています。
  • 「建築屋」として多種多様なものづくりに挑戦

  •  当社の事業エリアは京都府下を中心に滋賀、大阪など。個人住宅から病院、工場、賃貸マンションまで、種類や規模、工法も多種多様な建物を手がけています。幅広い仕事に挑戦したい、着工から竣工まで建築の全工程に携わりたいという人には最適の職場といえるでしょう。お客様の期待を感じて、そのために工夫と努力を凝らし、最終的にお客様に喜んでいただくということは自分自身がうれしいこと。それこそが本当の仕事なのだと私は信じています。
  •  自分の担当した建物が、完成間近になって足場が外されて、やっと全容が見えたとき、あるいは「良い建物をつくってくれてありがとう」とお客様にお言葉をただいたとき、それは建築屋として何よりうれしい一瞬です。
  •  その喜びを、これからも若い皆さんと是非とも共有していきたいです。